第59回 神奈川県合唱祭 講評


T.H氏


無理のない発声で声は明るく歌詞もしっかり伝わってきます。
ラテン語の場合だけでなく、フレーズを大切に歌うと良いでしょう。
Ave Mariaが、ア・ベ・マ・リ・アと一つ一つが文字として聞こえないように、レガートで歌う練習をしてみてください。



M.K氏


声色が少し暗い印象を持ちました。
そしてカッチーニはmollなので逆に声にもっと明るさがあった方が悲しみが浮き立つのではないかと思いました。
そして遠い着地点を意識してもっと歌われると、きっと素敵な定演になりますよ。



K.K氏


とても柔らかい声で歌われ、好感が持てました。
選曲も良かったですね。
欲を云えば、もう少し発声の訓練をされると良いと思います。
今は持ち声の良さで歌われているようですが、もっと口の中や鼻の奥の方の共鳴腔に響かせるようにしましょう。
息も深くとれると良いでしょう。
木村先生といっしょに頑張ってください。